肥厚性鼻炎

肥厚性鼻炎は点鼻薬の使いすぎで花粘膜の組織が変質肥厚する

 

点鼻薬の使用を減らすのが先決
花粘膜内の組織が増殖暑くなって鼻が詰まる。

 

鼻風邪などの急性鼻炎が治らず2ヶ月間同じ症状が続いた状態を慢性鼻炎と言います。

 

慢性鼻炎には肥厚性鼻炎、萎縮性鼻炎などがありますが中でも最も多いのが肥厚性鼻炎です。

 

鼻の中には下鼻甲介 中鼻甲介 上鼻甲介というひだがあって 粘膜に覆われていることを鼻づまりの項で述べました。

 

肥厚性鼻炎はその中でも特に、下鼻甲介の粘膜が腫れて飛行するという特徴があります。

 

なぜ厚くなるかというと、鼻粘膜内の繊維成分などの組織が増殖するからだとみられています。
そのため粘膜の赤みが 少なくなり鼻汁もあまり出ません

 

アレルギーや大気汚染点鼻薬の使いすぎも引き金に

肥厚性鼻炎は鼻風邪喉が慢性化して起こることもありますが、それ以外にもいくつか原因があります。
多いのはアレルギー性鼻炎の悪化です。

 

長期間アレルギー性鼻炎に悩まされ続けた結果、鼻粘膜の組織そのものが変化増殖してしまうのです。

 

こうなると例えば花粉の季節が終わっても、花粉症と同じような症状が出続けることになってしまいます。

 

私もこの症状が続きます、できるだけ点鼻薬は使わないようにしようと思うのですが、睡眠中の鼻づまりで苦しく、つい使ってしまいがちです。

 

そのために、なた豆茶を飲んでみようと考えました。
腸内環境も、アレルギーの原因のひとつと言われているので、ヨーグルトを毎日食べています。

 

大気汚染物質などの、刺激を長期にわたって受け続けた場合も、同じような事が起こると言われています。

 

さらに血管収縮薬の入った点鼻薬を使いすぎると肥厚性鼻炎を引き起こすこともあります。

 

血管収縮薬は即効性に優れ鼻粘膜に噴霧すると数分で鼻づまりが緩和されます。
しかし持続性がないため数時間もすればまた鼻が詰まってしまいます。

 

そのため頻繁に使う人がいるのです。
頻繁に使い続けると鼻粘膜が薬の刺激によって腫れ、組織が変化して肥厚性鼻炎になるわけです。

 

いびきや扁桃炎を引き起こすこともある

肥厚性鼻炎は特に下鼻甲介が腫れるという特徴があります。

 

鼻から吸い込んだ空気は主に下鼻甲介の下にある下鼻道と中鼻甲介と下鼻甲介の間にある中鼻道を通って吸い込まれます。

 

そのため下鼻甲介が腫れると口で息をするようになり、いびきや扁桃炎を引き起こすことにもなるのです。

 

肥厚性鼻炎がひどくなると、ほとんど鼻呼吸ができなくなるので運動もしづらく熟睡もしづらくなります。

 

一番確実な治療法は肥厚した下鼻甲介を切除することといえます。