副鼻腔炎になた豆茶

副鼻腔炎(蓄膿症)になた豆が利用される理由とは記事一覧

医学博士伊藤先生の報告によりますと風邪を引いた時や、花粉症の時に感じる鼻の不快感が一年中続くのが慢性副鼻腔炎(蓄膿症)絶えず鼻をかむことで鼻の周りの皮膚は赤く痛み顔全体が重くなる、こんな辛さをずっと抱えることになるのが蓄膿症です。声も常に鼻声で、聞き取りにくい・・・手術が必要な程の蓄膿症がなた豆茶で回復することが分かりました。患者さんから教えられたなたまめの存在私がなた豆の存在を知ったのは今から8...

歯と鼻で 脳が触れる厄介な病気です歯性上顎洞炎は口の中の病原菌がそもそもの原因で引き起こされる病気です。蓄膿症と同じ症状をもたらすのですが、インフルエンザなどの病原菌が原因となって発症するものよりも、その症状がしつこくつきまとうのが特徴です。歯性上顎洞炎になると、膿が多く出るのは増殖した病原菌が歯根を犯して上顎洞にまで達しそこで暴れ回るから。病原菌を退治するために白血球が総動員されますが、死滅した...

息子のスギ花粉の抗体がなたまめ茶でレベル4からレベル3に好転しおまけに、私の花粉症も楽になりました3年前から7歳の息子に突然スギ花粉症が出ました。春先になると目やに鼻水鼻づまりがひどいんです。うちは田舎なもので周りに杉林が多いんです。毎年血液検査でアレルギー抗体を調べているんですけど、杉のアレルギー抗体のレベルがプラス4でかなり悪かったんです。なた豆茶は息子と同じ幼稚園に通っているお母さんに紹介し...

熊本さんの体験談18年前に完治したはずの蓄膿症が再発、その後の体験をお話します。激痛を抗生物質で抑えてきましたが なた豆を飲み始めたら痛みが出なくなりました。私は同じ鹿児島出身の知り合いに勧められたのがきっかけでなた豆茶となた豆のパウダーを飲み始めました。小さい頃から蓄膿症で 特に私の場合 痛みがひどかったもので20代の時に手術を受けたのです。それですっかり治ったと思い込んでいました。ところがそ...

伊藤先生へのインタビューより手術は受けたくないそんな患者さんになた豆茶がこんなに役立った。なた豆茶を飲み始め平均4.7ヶ月目で症状回復手術拒否の患者さんの協力でなた豆茶を飲んでもらうことに歯性上顎洞炎の手術は、ごく稀にですが顔面の知覚麻痺が副作用として残るケースが出ています。このため患者さんが手術をためらったり拒否したりするのも仕方がないことでしょう。そこで私は、手術の必要がある患者さんの中から希...