歯性上顎洞炎になた豆茶

歯性上顎洞炎について

副鼻腔図

 

歯と鼻で 脳が触れる厄介な病気です

 

歯性上顎洞炎は口の中の病原菌がそもそもの原因で引き起こされる病気です。

 

蓄膿症と同じ症状をもたらすのですが、インフルエンザなどの病原菌が原因となって発症するものよりも、その症状がしつこくつきまとうのが特徴です。

 

歯性上顎洞炎になると、膿が多く出るのは増殖した病原菌が歯根を犯して上顎洞にまで達しそこで暴れ回るから。

 

病原菌を退治するために白血球が総動員されますが、死滅した病原菌とそれと戦って倒れた白血球が次々と膿に変化していくのです。

 

また歯根と上顎洞との間はわずか数ミリしかありません。
患部で発生した膿があっという間に上顎洞にたまりそれが原因で上顎洞の粘膜が厚く大きくなります。

 

さらには鼻腔にまで炎症が波及することで、鼻の通りが悪くなり呼吸困難や重鈍感が発生してしまうのです。

 

症状の悪化により、しばしば最後には手術しか方法がない状況になります。

 

歯性上顎洞炎の治療は原因となっている、歯の根管治療を行うか、あるいは抜歯した患部を生理的食塩水で洗浄します。
さらに全身的に消炎酵素を投与して病状の進行と悪化を防いでいきます。

 

普通はこの段階で完治するのですが、患者さんによっては抜歯した後の患部に病原菌が住み着いてしまい、症状をさらに悪化させてしまうケースも出てくることもあります。

 

このような場合には手術で肥大した上顎洞の粘膜を摘出して鼻腔に大きな穴を開ける必要があります。
この手術は患者さんにとってかなりの苦痛と負担が知らされるものになります 。

関連ページ

蓄膿症に効果 学会報告
なた豆が蓄膿症に効果がある事が、2002年口腔外科学会総会で臨床成果が発表されました。
花粉症の鼻詰まりにナタマメを飲んでみた体験談
子供さんが花粉症の鼻づまりで眠れず、知人にすすめられた「なた豆茶」で改善された。お母さんの体験談
蓄膿予防になたまめ茶
64歳の男性の体験談、20代の頃蓄膿症の手術を受けて、いったんは完治したのですが、18年後に再発、抗生物質のお薬からナタマメに変更したお話です。