漢方薬としてのなた豆

中国の古典文献に見られる「なた豆の薬効」

本草綱目
中国は明の時代の本草学者李時珍が編纂した「本草綱目」は中国医学(漢方)を学ぶ者にとってバイブルの一つに数えられている古典的な名著です。

 

この本の中には漢方医療に用いられるさまざまな生薬が収載されその薬効や性状、利用法、産地などが詳細に記述されています。

 

このサイトでの主役なた豆は「本草項目」の中で「腎を益し 元を補う」と記載されています。

 

ここでいう「腎」とは生命エネルギーの源である気を蓄えておく臓器を意味します。

 

腎は生命エネルギーの貯蔵庫であり、ナタマメはこの腎の機能を高めて、病気に負けない免疫抵抗力をもたらす生薬と紹介されています。

 

薬効のある食材として薬膳にも取り入れられている

またなた豆の効用は「脾を健やかにし 腎を補い 寒を散らし 胃腸を利す」と記されています。

 

ここで言う脾は胃腸の消化機能のことです。
つまり中国医学の教えに基づく並ばなた豆には優れた消化作用がありこれによって体の中に吸収された栄養分をくまなくエネルギー源に変えて生命の維持に利用できる素材であるということです。

 

このように薬効の高いなた豆は、医食同源の国、中国で漢方 生薬の一つとして様々な形で利用されてきました。

 

血液浄化 排膿 消炎の作用があるとされ当然のことながら薬膳の材料として料理にも用いられています。

 

免疫力を強化して不快な膿を体外へ排出してくれる

なた豆の各種作用の中でも特にな高いのが排膿作用です。
感染症によって作り出される膿を素早く体外へ排出させる働きに優れていることが古くから知られています。

 

膿はそもそも病原菌とそれに対抗して戦った白血球との死骸の集まりです。
特に歯槽膿漏蓄膿症痔瘻などの病気では絶えずおびただしい量の膿が発生し患者を悩ませる原因となっています。

 

なた豆に含まれている様々な有効成分がこの膿をたちどころに排出させることから「膿取りの妙薬」の別称が与えられてきました。

 

未熟で脆弱な免疫力をサポートしたり老化やストレスで衰えが目立つ免疫抵抗力を強化したりすることで不快な膿を取り去ってくれるのです。

 

なた豆茶を試してみませんか

 

上記の解説は本草綱目に記されているのを現代訳に意訳したものです。
治療を受けている方、不安な方は、医師・薬剤師にご相談の上ご利用下さい。
当サイトにてご紹介しているなた豆茶は食品としてどなたでもご利用できるように製造されたものです。