歯周病(口臭)になた豆の抗炎症作用

歯周病は不快な口臭と膿を発生させます。

うわっっっ この人 お口がくさいよ!やだーーーっ!!

口の臭い人は嫌だ

歯周病は、成人の7割、8割が持っていると言われています。

 

1日3回歯磨きをされている方がほとんどだと思います。
電動歯ブラシを使われている方も、多くなりました。

 

ですが、それでも歯間など、磨き残しが多いのも事実です。
歯医者さんでチエックしてもらうと、染め出しにより磨けていない場所がわかります。

 

私も歯周病がありましたので、歯石の除去に通いましたし
メンテナンスで3ヶ月に1度は歯石の除去のために歯医者さんに行きます。

 

口臭は、食べ物や喫煙などでも発生しますが、歯周病は特にひどい臭いがありますので注意です。

 

口臭は、自分で気づきにくいうえ、他人も指摘しにくい問題ですので、ケアが大切です。

 

お茶のカテキンも口臭予防になりますが、せっかくですのでなた豆茶をご利用されてはいかがでしょうか

 

歯周病や口臭になた豆茶が勧められる理由記事一覧

歯そのものが病気になる虫歯と違って、歯の周りの組織が犯されていく歯周病。一度かかってしまうと長期化するやっかいの病気ですが、「なた豆茶」を有効に使うことで完治までの道が短くなります。その膿出しのパワーは歯科医の臨床現場でも立証されています。歯学博士山田先生の報告より歯周病の罹患状況40代50代では約80%が歯周病病識のない人は一体どれぐらいいるのでしょう全世界的に見ても日本は1位2位を争う長寿国で...

歯周病の予防にはマメなプラークコントロールが欠かせない患者さん本人の努力だけでなく定期検診を受けプロの手を借りて症状の進行に歯止めをかけることが必要ですまた免疫力が下がると虫歯や歯周病がひどくなる一方です歯茎から上は自分自身で歯茎の内部はプロの手で歯周病は虫歯と異なりいくらまめに歯を磨いていてもその予防に繋がらないケースがほとんどです少なくとも年に2回は歯科医院に通って定期検診を受け専門医の指導の...