歯周病 なた豆茶

なた豆は歯周病の改善に目覚まし効果を発揮する優れた天然薬用素材です

歯周病治療イラスト

歯そのものが病気になる虫歯と違って、歯の周りの組織が犯されていく歯周病。
一度かかってしまうと長期化するやっかいの病気ですが、「なた豆茶」を有効に使うことで完治までの道が短くなります。

 

その膿出しのパワーは歯科医の臨床現場でも立証されています。
歯学博士山田先生の報告より

 

歯周病の罹患状況

40代50代では約80%が歯周病病識のない人は一体どれぐらいいるのでしょう

 

全世界的に見ても日本は1位2位を争う長寿国です
最近の調査によると男女とも平均寿命は世界一だそうです
元気で長生きそれ自体は喜ばしいことですが判明数々の問題が増えていることも見過ごすわけにはいきません

 

そのひとつに歯周病の増加が挙げられます
統計によると20代30代では約60%40代50代では約80%がこの病気にかかっていると言われています

 

しかもその増加率は10年で10%と上がる一方
歯科医師となって35年になる私も実際の治療現場で歯周病が増えていることを実感しています

 

歯周病の恐ろしさは本人に病識のないまま症状が進行していくところにあります。
その意味では糖尿病や高血圧高脂血症などの生活習慣病と似ています。
病状を自覚し始めた時には手遅れであることも多いのです。

 

歯周病は歯に口だけの問題でなく体調やストレスが歯周病を悪化させます

 

歯周病の初期の頃にはほとんど何も自覚症状がありません。
けれど治療を受けずに放置しておくと歯茎が、炎症を起こし膿が溜まって悪臭を放ち始めます。

 

さらにその症状が進行すると、病原菌が出す毒素のせいで、歯を支えている歯槽骨がボロボロになり、抜歯以外の方法がなくなってしまいます。

 

歯周病はジンジバリス菌・プレボテラ菌などの細菌が引き起こす感染症の一つです。

 

この病原菌は、破傷風菌や食中毒の原因ボツリヌス菌と同じ仲間の細菌で、空気を嫌うことから嫌気性菌と呼ばれています。

 

歯周病菌が厄介なのは歯と歯肉の間に歯周ポケットを作り、そこを住み家としていついてしまうことにあります。

 

一旦この病気にかかると、その治療は長期化の道をたどることになってしまいます。

 

歯科の専門医のもとで治療を受けていても、患者さん本人の体調によっては症状が悪化することも多く、特にストレスの多い生活をしていると免疫力が低下して、症状の進行に拍車をかけてしまうことになりかねません。

 

歯周病は心の病気になる危険性を孕んでいる

歯周病にかかると口臭に伴う不快感が絶えずつきまとい患者さん本人だけでなく周りの方にも迷惑を及ぼすことが多いものです。

 

このことが原因で引きこもり気味になったり、自信を失って消極的な性格に変わってしまったり苑デメリットは計り知れません。

 

歯周病は歯の病気だけでなく心の病気になる可能性があるのです。

 

また最近の研究報告によると、歯周病菌が心臓動脈の血管に入り込んで炎症を起こし、心筋梗塞の原因になったり、妊娠に早産のリスクをもたらしたりするなど、様々な悪影響を与えることがわかってきました。

 

たかが歯周病とのんびり構えていられられないのです