歯周病治療になた豆茶の活用

歯科クリニックのなた豆茶利用法

歯周病の予防にはマメなプラークコントロールが欠かせない
患者さん本人の努力だけでなく定期検診を受けプロの手を借りて症状の進行に歯止めをかけることが必要です

 

また免疫力が下がると虫歯や歯周病がひどくなる一方です

 

歯茎から上は自分自身で歯茎の内部はプロの手で
歯周病は虫歯と異なりいくらまめに歯を磨いていてもその予防に繋がらないケースがほとんどです
少なくとも年に2回は歯科医院に通って定期検診を受け専門医の指導のもとでオーラルケアを実行するのが一番の予防策です
歯周病を予防し症状を改善するためにはまず病原菌の温床となっている思考をブラッシングによって丁寧に落とすことが重要です
自分ではなかなか磨きにくい奥歯や歯の裏側などはできれば定期的に視界に通いプロの手で市高野史跡をしっかりと除去していただきたいものです歯茎から外の部分は患者さん本人の手で歯茎の内部はプロフェッショナルの手でというのが原則です

 

悪玉菌を25%1回に抑えれば虫歯や歯周病は回避できます

 

口の中にも皮膚にも腸の内部と同様にたくさんの種類の細菌が住み着いています
これらの細菌は常在菌と呼ばれていますがその中には私たちの体にメリットを与えてくれる善玉菌だけでなく様々な悪さをしでかす悪玉菌も存在しています

 

この中虫歯や歯周病の原因を作り出す悪玉菌の割合を25%以下に抑えることで症状の発症を防ぐことができるのです

 

そのためにも日頃からこまめに歯磨きお礼講師プラークコントロールを怠らないようにすることが必要です
歯周病は感染症の一つなので病原菌の活動を弱めさせて症状の悪化を防ぐことが大事なポイントなのです

 

ストレスを上手に解消させて免疫力をアップさせる

 

次に必要なことは衰えた免疫力を回復させることです
免疫力が低下すると悪玉菌の増殖屋早朝を促すことになります
歯周病を悪化させている患者さんの生活歴を聞いてみるとやはり日頃からストレスを多く抱えてる方が目立ちます。

 

特に中高年と言われる年代になるとカレー屋ストレスが重なって免疫力が低下してきます。
これを防ぐためには不規則な生活を改め十分な栄養と休息をとるのが一番です。

 

また喫煙は歯茎の血管を収縮させ血の巡りを悪くさせてしまいます。

 

これが歯周病の進行に拍車をかける大きな原因です。
かかりつけの歯科医から歯周病との診断を受けたら、一刻も早く禁煙することをお勧めします。

 

歯周病の予防にはなたまめのお茶がおすすめです、ストレスや老化で衰えた免疫力を回復させて症状の進行をストップさせましょう。

 

なた豆茶をジェット噴射し歯垢や歯石をスッキリさせる

歯周病の実態と予防策はすでにお話しした通りですが、実際にかかってしまった時の治療の話をしましょう。

 

歯科クリニックでは5年前からなた豆茶を取り入れています。

 

クリニックで歯科衛生士が歯を洗浄する時はスケーラーという専門の装置を使い、先端のピック部分から、洗浄液をジェット噴射させて歯垢や歯石を丁寧に取り除いていきます。

 

これをスケーリングと言いますが、この時、より自然志向の高い天然素材を希望される患者さんには、なた豆茶を使うようにしています。

 

患者さんからの評判も良く、なた豆のお茶で歯石を取ってもらうと口の中がすっきりすると、感謝していただいています。
なた豆は免疫力を高めてくれるのです。

 

口に含んですすぐだけお手軽なたまめ茶のくちすすぎ

また通院後、自宅でできるオーラルケアとしてなたまめ茶の口漱ぎを奨励しています。

 

これはなた豆茶を口に含んでくちゅくちゅくすすぐだけという簡単なものですが、歯周病に悩んでいる場合には、歯ブラシを歯周ポケットに当てて、丁寧にブラッシングして思考を取り除いてください。

 

そして歯磨き後になた豆茶のくちすすぎをすると、なた豆の有効成分が患部により浸透するため大変効果的です。

 

日常の飲料おなたまめ茶に変え免疫力の改善を

さらになた豆茶をアンインストこともおすすめしています。
なた豆茶は独特の香ばしさがあるので毎日飲んでも飽きることは少ないでしょう。

 

日本茶やコーヒーの代わりになた豆茶を飲むと、衰えた免疫力が改善されていくのが実感できると思います。

 

私たち歯科の臨床現場でもなた豆の排膿作用や抗炎症作用が優れたものであることは確認済みです。

 

これからもなた豆を治療に取り入れ膿の苦しみに悩んでいる人の手助けになればと思います。

関連ページ

なた豆茶を治療に
患者さんとの会話の中で「なた豆茶」を知り、治療に応用されたことで「なた豆茶」の作用をかくにんされ、その後患者さんになた豆茶の利用を進めることに