なた豆3つの薬効成分

なた豆の成分「カナバニン」「コンカナバリンA」「ウレアーゼ」の働きとは

なた豆
なた豆には、「カナバニン」「コンカナバリンA」「ウレアーゼ」の3つの薬効成分があります。
それぞれの働きについてご紹介します。

 

「カナバニン」の働き

カナバニンについては、蓄膿症や副鼻腔炎での働きについてトップページでも紹介していますが、再度ご紹介します。

 

排膿作用 抗炎症作用があります。
なた豆で初めて抽出されたアミノ酸カナバニン

 

なた豆の正式な学名は「Canava-lia gladiata DC」 なた豆に含まれる有効成分の一つであるカナバニンは、この学名にちなんで名付けられたものです。
この成分はアミノ酸で 、なた豆から始めて抽出された成分です。

 

カナバニンには排膿作用と抗炎症作用の他に 血液や体液の浄化作用、血行促進作用があります。

 

これらの作用により歯周病蓄膿症副鼻腔炎痔瘻 などの膿が出る症状に良いとされます。

 

これらの病気は膿が分泌されるために不快な症状をともないます。

 

例えば歯周病 進行すると口臭がするようになり 自分が気になるだけでなくまわりの人にも不快感を与えてしまいます。

 

蓄膿症になると鼻の中の副鼻腔に膿が溜まった状態になり、絶えず口呼吸を強いられるため、集中力が続かない、鼻をすするなどの生活の質が落ちます。

 

仕事や勉強に集中することが難しくくなり、また痔瘻で下着に付着した血液や膿など、本人に不快感と恥ずかしさをもたらします。

 

カナバニンは免疫力を元気にしてくれる作用

蓄膿症、歯周病などの不快な症状は、膿が出ることにあります。
その生産にストップをかけてくれる上に 排除してくれるのがなた豆のカナバニンなのです。

 

これはカナバニンが未熟な免疫力を高めてあり 衰えてしまった免疫力に喝を入れる作用を持っている証拠に他なりません

 

実際なた豆を愛用している人達は 口の中のネバネバが消えてさっぱりとし 歯茎が健康的なピンクに戻ってきた。
鼻の中に溜まっていた膿がすっかり取り去られてすっきりとした朝が迎えられるようになった。
あれほど悩まされていた膿の量が減って、下着を毎日こまめに取り替える必要がなくなった等日々の暮らしが爽快になっているのです。

「コンカナバリンA」の働き

コンカナバリンAには、抗腫瘍作用があると報告されています。

 

マウスを使った実験で がん細胞の増殖を抑制する抗腫瘍作用があることが報告されたのが なた豆の有効成分コンカナバリン A です
この実験はマウスの腹部に注射によってがん細胞を移植し、その1時間後、 2日後 、5日後の3回に分けてコンカナバリン A を投与。

 

がん細胞の増殖する状況をつぶさに観察した結果 投与後1時間では70%に減少
2日目は50% そして5日目は20%に減少したと言う大変興味深い結果が得られました。
時間を追うごとに癌細胞が減少して行ったのです。

 

イニシエーション 期にあるマウスの癌細胞実験
がんの発生と増殖過程は「イニシエーション」「プロモーション」「プログレッション」の3期に分かれています。
この中イニシエーション期はがん細胞の発生初期、いわばがん細胞の生みの親にあたる時期になります。

 

一説には私たちの体内では1日に約3000個から6000この癌細胞が生み出されていると言われています。
マウスの実験結果を見たところ コンカナバリンAはこれら毎日発生する癌細胞の数を減らすことで 癌の病巣が築かれる前に破壊してくれているのです。

 

今ではコンカナバリンAはマウスの癌細胞が次々と生み出されるイニシエーション期には かなり高い確率でがん細胞の増殖を抑えて抑えることができると判断されています。

 

コンカナバリンAを使った実験の結果の報告でありなた豆茶が癌を治すということではありません。

「ウレアーゼ」の働き

ウレアーゼは腎機能の活性化に働きます。
腎臓の働きに関与するなた豆の有効成分ウレアーゼ

 

なた豆に多く含まれている有効成分ウレアーゼは、尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解する働きのある酵素です。
尿素はその名の通り尿の原料になります。

 

ですから、この酵素が十分に働いていれば 腎臓の機能が正常だという証拠になります。

 

腎臓は血液中の老廃物をろ過して必要なものと不要なものとに分け、さらに体が必要とするアミノ酸やビタミン ミネラル ブドウ糖 水分を吸収する役割を果たしています。
体にとってフィルターとリサイクルセンターを兼ね揃えた臓器なのです。

 

私たちの体の中ではおしっこの元である原尿が毎日140リットル以上も作り出されており その1%が尿となって排泄されます。

 

残りの99%が腎臓で濾過された後体の中に再吸収されていきます。
この腎臓の機能が損なわれてしまうとむくみが発生し体の節々が重たく感じられるようになってしまいます。

 

それに伴って高血圧になるなど体には色々と不具合が生じてきます。

腎臓の衰えからくるむくみ関節痛 高血圧が軽くなる

尿は内臓の鏡と言われるように日頃からこのような症状を持病として抱えている人は、尿検査で 尿窒素 クレアチニンなどの量が多い結果が出た場合腎臓に思わぬ病気を持っている可能性があります。

 

これを放置しておくと慢性腎炎や尿毒症を併発してしまいます。
ナタマメの種子を乾燥させ焙煎して作られたお茶には衰えてしまった腎臓の機能を改善する作用があります
むくみは関節痛高血圧などに心当たりがある人は是非試してみてください。

 

オススメのなた豆茶はこちらでご紹介しています。